H1_header

Menu01

Menu03

Menu02

イベントカレンダーを見る

Btn_bigginer

Btn_volanteer

ボランティアセンターとは

Btn_kifu

Btn_ml

Btn_ing

県民、企業、団体など、島根県内の社会貢献活動の参加を応援するサイトです。

文字サイズ
Btn_subsidy Btn_entry Btn_login

助成金情報

(公財)さわやか福祉財団「地域助け合い基金」で コロナ禍を乗り越えて共生社会へ

(公財)さわやか福祉財団
(公財)さわやか福祉財団
1.基金の原資
 全国から寄せられるご寄付及びさわやか福祉財団独自資金

2.助成の期間と助成の総額
 2020年5月18日から常時実施。寄付は時期を問わず、配分は随時行います。

 ・助成できる総額は、応募いただく時点での基金の総額(残額)となります。
 ・お寄せいただいたご寄付を含む基金額はホームページで常時公開します。
 ・応募が基金の額を上回った場合は、応募の内容をホームページでご紹介しながら基金へのご寄付を募り、
  基金額が応募額に達した段階で、配分を始めます。

3.助成の対象活動と配分額等
 地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所・通いの場を含む)を対象とします。

 ・活動の分野は、高齢者、子ども、認知症、障がい、生活困窮の方々、外国人、ケア家族の支援他、
  特定分野の制限はありません。ただし、日本国内の活動に限ります。
 ・1団体で以下に記載する複数の活動をまとめて、あるいはその都度申請することが可能です。
  活動を進めるために必要な、人、モノ、場所などにかかる費用を支援します。

◎コロナ禍対応助成(当分の間、優先配分)
 ①コロナ禍により被った助け合い活動の被害額の支援(活動関係者が自ら補填する額)上限の目安 20万円
 ・活動を引き続き実施または継続を予定する場合とします。
 ・2020年2月1日に遡った申請が可能です。 

 ②コロナ禍により生じた生活上の不便・不安を解消するための助け合い活動 上限 10万円
 ・申請時から概ね1か月以内に実施する取り組み(準備でも可)

◎共生社会推進助成
 地域の助け合いを維持・発展する活動
 (新たに団体を設立する場合、または新たに活動を広げる場合等)上限 15万円
 ・申請時から概ね6か月以内に実施する取り組み(準備でも可)

4.助成の対象団体(グループを含みます)
 非営利の組織であること。法人格の有無は問いません。
 自治会・町内会、地域の住民グループ等、個人の活動以外申請できます。

5.対象となる費用
・活動を進めるための費用であれば特に費目の制限はありません。
  応募の内容に合わせて、申込書に具体的に記してください。
・ただし、他の助成金や補助金等を受領し、使途が重複している場合は対象外となります。

【総合お問い合わせ】
 公益財団法人さわやか福祉財団  
 〒105-0011
 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階
 電話 03(5470)7751 FAX 03(5470)7755
 E-mail:mail@sawayakazaidan.or.jp(応募書類のご送付先アドレスとは異なりますのでご注意ください)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月7日より事務所を閉鎖中です。
 留守番電話の場合、本助成に関する電話でのお問い合わせは上記携帯番号(080-9277-4174)にて承ります。
募集期間 随時
URL https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/
添付資料
フォト
  • 【発信者】 ふるさと島根定住財団(しまね県民活動支援センター)
  • 【分野】 在日外国人・留学生 地域・まちづくり 災害救援 福祉 起業支援 保健・医療 子ども 文化・芸術の振興 教育・学習支援 ITの推進 人権・平和 環境・エコロジー 科学技術の振興 消費者保護 国際協力 スポーツの振興 障がい者 地域安全 青少年 就労支援・労働問題 男女共同参画 高齢者 国際交流 経済活動の活性化 農山漁村・中山間 観光 食・産業、漁業、林業
  • 【発信日】2020/05/22
ツイート