利用規約

県民活動応援サイト利用規約

(目的)

第1条 この規約は、県民活動応援サイト(以下「本サイト」という。)運営会議(以下「運営会議」という。)が提供するサイトの利用について定めることを目的とします。

(運用管理者及び運用者)

第2条 運営会議は運用管理者として、本サイトを運営するに当たり、市町村社会福祉協議会等の運用者の協力を求めることができます。(以下運用管理者及び運用者を総称して「運営者」という。)

(登録)

第3条 本サイトの一部コンテンツを利用するにあたり、サイト利用者(以下「利用者」という。)は、団体登録、個人登録又はメールマガジン登録を行う必要があります。 登録とは、利用者が本規約に同意した上で、団体登録、個人登録又はメールマガジン登録フォームより規定の情報を入力し団体、個人又はメールマガジン登録申請を行い、運営者の承認を得ることをいいます。

2 「ボランティア活動に参加したい」又は「ボランティアによる支援を受けたい」若しくは「その両方を希望する」個人登録希望者は、居住地の各市町村ボランティアセンター(各市町村社会福祉協議会)(以下「市町村VC」という。) に登録しなければなりません。ただし、「ボランティア活動に参加したい」のみの個人登録希望者にあっては、参加可能な活動エリアの市町村VCの中から任意に登録先を選択することができます。

3 運営者は、登録団体が以下に定める事由のいずれかに該当する場合、登録団体の本サイトの利用を認めないことがあります。

  1. 登録団体が実在しない場合
  2. 登録の際に入力した事項に虚偽の記載等があった場合
  3. その他、登録団体として不適格と運営者が判断した場合

(登録団体の利用方法)

第4条 登録団体は、NPO・ボランティアに関する情報を登録し、ボランティア活動等のために利用することができます。

2 登録団体は、他の登録団体が登録した情報をボランティア活動等のために利用することができます。

(メールマガジンの利用)

第5条 利用者は、所定のフォームにメールアドレスを登録することにより、NPO・ボランティア関連 情報を掲載したメールマガジンの配信を受けることができます。

2 メールマガジン配信の停止を希望する場合は、所定の登録フォームにメールアドレスを入力することにより、メールマガジンの配信を解除することができます。

3 登録したメールアドレスが変更になった場合は、速やかに登録内容を変更するものとします。

4 運営者は、次の各号のいずれかに該当する事由があると認めたときは、メールマガジンの配信を解除できるものとします。

  1. メールアドレスの誤り又は廃止等により、配信したメールマガジンが不達となったとき
  2. 第13条により、本サイトの利用の停止又は登録資格の取消しをしたとき
  3. その他メールマガジンの配信を継続することが不適当な事由があるとき

(コメントの投稿)

第6条 利用者は、登録することなくイベント・活動記事に対してコメントを投稿することができます。

2 前項のコメントについては、第11条各号のいずれかに該当する場合においては、イベント記事掲載者は、投稿者に通知することなく当該のコメントを削除できるものとします。

(登録者の届出義務)

第7条 登録団体及び登録個人(以下「登録者」という。)は、氏名(団体については団体名)、住所、電話番号その他の登録情報に変更があった場合には、速やかに本サイト上で自ら訂正を行うか、運営者に届け出るものとします。

2 登録者が登録抹消する場合は、その旨運営者に届け出るものとします。

(ID及びパスワードの交付と変更)

第8条 運営者は、登録者に対し、登録の際にID及びパスワードを付与します。

2 登録者は、自らパスワードを変更することができます。

(登録者の管理責任)

第9条 登録者は、自己の責任においてID及びパスワードを管理するものとし、第三者の不正使用により運営者又は他の登録者に損害を与えてはなりません。

2 ID及びパスワードの使用上の過誤、第三者の不正使用等による損害の責任は登録者が負うものとし、運営者は一切責任を負わないものとします。

(情報提供内容の変更又は停止)

第10条 運営者は、提供する情報内容(メニュー)を予告なしに変更又は停止することができます。

(情報の承認及び削除)

第11条 運営者は、登録者が登録した情報について、その内容が本サイトの目的に沿った内容であるかを確認し、次の各号のいずれかに該当する場合においては、登録者に通知することなく当該の情報を削除できるものとします。

  1. 法令に反すると認められる場合
  2. 公序良俗に反すると認められる場合
  3. 犯罪的行為を誘発すると認められる場合
  4. 第三者に損害又は不利益を与えると認められる場合
  5. 第三者を誹謗(ひぼう)中傷していると認められる場合
  6. 政治・宗教・営利を目的とする利用を行っていると認められる場合
  7. 記載された内容が虚偽である場合
  8. 本サイトの目的から不適当と判断された場合

(損害賠償)

第12条 運営者は、本サイトの利用に関して生じた利用者の損害のすべてに対し、いかなる責任も負わず、また一切の損害を賠償する義務がないものとします。

2 利用者がサービスの利用に関して第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担をもって解決し、運営者に損害を与えないものとします。

(利用停止又は登録者資格の取消し)

第13条 運営者は、登録者に次の事実があると判断した場合には、予告なしに当該登録者に対し本サイトの利用の停止又は登録者の資格を取り消すことができます。

  1. 登録情報に虚偽の記載があった場合
  2. 入力されている情報を不正に改ざんした場合
  3. 他の登録者のID又はパスワードを盗用した場合
  4. 本サイトの運営を故意に妨害した場合
  5. 第11条第2項各号の規定による削除を2回以上受けた場合
  6. 本規約に定める登録者の義務に違反した場合
  7. その他、運営者が、登録者として不適当であると判断した場合

(個人情報の保護)

第14条 登録者がID、パスワードを登録する際に入力した個人情報については、当該個人情報の管理にあたり、島根県個人情報保護条例に基づき、個人情報の漏洩、滅失及び損傷の防止、その他の安全確保の措置が図られます。

(個人情報の利用範囲)

第15条 登録者の個人情報は、次の範囲内で利用するものとし、運営者以外のものが利用することはありません。

  1. NPO・ボランティアに関する情報等を電子メール、FAX又は郵便等により送付するとき
  2. ボランティアの仲介を行うとき(事前に登録者の同意を得た範囲に限ります。ただし、既に本サイト上で、登録者自ら公開している情報については、この限りではありません。)

(知的財産権)

第16条 本サイト及びその提供するサービスに含まれるコンテンツに対する著作権その他知的財産権は、島根県に帰属します。

2 登録者は、運営者の承諾がある場合を除き、本サイトを通じて入手した情報を、複製し、販売し、出版し、送信し、その他登録者としての利用以外の目的で利用することはできません。

(記録の保存)

第17条 運営者は、本サイトに関しての情報を5年間保存するものとします。

(管轄裁判所)

第18条 本サイトの利用について、運営者との間に訴訟等が生じたときは、松江地方裁判所を第一審の裁判所とします。

附  則

本規約は、平成21年4月1日から実施します。