地域で子育てをしているお父さん、お母さん、保育士、子育て支援センター職員、行政職員、主婦などを中心とした実行委員で構成している。アートの専門家ではないメンバーによる現場の声を活かしたプログラムを企画している。 また、地域の異業種との連携を2017年より力を注ぎ、協力団体の数が増えていっている。

活動場所:
主に雲南市内
活動分野:
  • Icon_cat07
  • Icon_cat01
  • Icon_cat09
  • Icon_cat05

イベント・活動報告・ボランティア募集・ブログ

イベント・講座情報 一覧へ

一覧がありません。

活動実績・事例情報 一覧へ

一覧がありません。

ボランティア募集情報 一覧へ

一覧がありません。

CANPANブログ情報

 一覧がありません。

活動概要

団体の目的

乳幼児や未就学児の子どもを主な対象とし、優れた芸術体験の場を企画実施することで、未来の
地域を担う子どもの感性、創造性、豊かな心を育むこと、さらに子どもたちと保護者が、初めての芸術体験を介して、心ふれあう時間を共有する場を創出することを目的とする。
音楽、演劇、絵画など、その分野を問わず、小さな頃から実際に耳で聴き、目で見て、肌で触れ、
心で感じる質の高い芸術体験機会を推進することで子どもたちの豊かな感性を育み、併せて、
地域の子育て世代のニーズを把握し、活かしていくことで、子育て世代の拠り所となる事業を展開し、新たなコミュニティ構築による雲南の地域活性化につながる側面を担う。

団体の活動・業務

2016年より年に数回アートを楽しむ企画を開催。雲南市はもとより、県内ならびに中国圏内からの参加も多い。
親子で参加できるものから、年齢に合せたプログラムを開発。
2016年から3年間で延べ3,100人の方々にご参加いただいている。
●2016年
第1弾「よしとと遊ぼう」121名参加
第2弾「0歳から入れるおんがく会」82名参加
第3弾「人形劇団ひぽぽたあむ人形劇公演」119名参加
第4弾「栗コーダーカルテット&ビューティフルハミングバードコンサート」1242名参加
●2017年
第1弾「EAT&ART TAROがやってきた」37名参加
第2弾「UNNANアートスタートの旗を繕う!」201名参加
第3弾「よしとと巨大とうふをつくろう」66名参加
第4弾「誰もみたことのない生き物をつくろう」57名参加
第5弾「遊育計画」※NHKエデュケーショナル共催 352名参加
第6弾「Baby Space」※日本・児童青少年演劇劇団協同組合共催 47名参加
●2018年
第1弾「しっぽとりたぬき合戦ぽんぽこりん」119名参加
第2弾「永野むつみトーク&ワークショップ」78名参加
第3弾「UNNANアートスタートpresentsチェリヴァシアタークリスマスの休日」600名参加

設立以来の主な活動実績

子育てするなら雲南市!といわれるような、地域のソフト面の魅力の一つとなるよう、敷居を低く、内容は質の高いアート体験プログラムの開発、企画制作をおこなう。NHKエデュケーショナルや、様々なアーティストとともに共同している。また行政との連携もおこなっている。

現在特に力を入れていること

「アート」「こども」に関連のあまりない業種の団体、会社とのつながりを生み、人的支援、物資支援という形をつくって、地域のコミュニティの輪を広げている。

今後の活動の方向性・ビジョン

子育て世代が自ら関わって参加しながらつくることができる、親子の為の文化事業に取り組む。
様々な芸術体験を創りだすことで、子ども達が自分に自信を持ち、自分の発想を自由に表現できる場をつくっていく。またこどもから大人まで年齢問わず、様々なアートに触れる体験として何歳からでも「アートスタート」となるような企画にチャレンジする。
特別な人たちだけの「芸術」ではなく、地域でつくる「芸術」体験の企画を長期的に進めていく。

基礎情報

: 雲南市
: インターネット上で公開
: その他
: 雲南市
代表者役職 : 委員長
代表者氏名 : 須藤 和裕 (すとう かずひろ)
事務局役職 : 事務局
事務局氏名 : 内田 晶子 (うちだ しょうこ)
郵便番号 : 〒699-1311
住所 : 島根県雲南市木次町里方55(チェリヴァホール内)
電話番号 : 0854-42-1155
FAX番号 : 0854-42-1251
URL :
メールアドレス : unnan.art.start@gmail.com
: 2017年 12月 1日
会員種別/会員/数 : 実行委員/10名
: