イベント・活動情報


カフェトーク◆動物と人のあいだ〜金森修『動物に魂はあるのか』etc.

『動物に魂はあるのか』と『感応の呪文』。このふたつは交わらないのだけれど、そのあいだをつなげてみたい
『動物に魂はあるのか』と『感応の呪文』。このふたつは交わらないのだけれど、そのあいだをつなげてみたい
「森と畑と牛と」 編集人の面代真樹が、動物と人との関係を、思想と科学の歴史を軸にお話します。
かつて、動物が人に話しかけることは珍しいけれどあり得ることでした。古層への回路をもつ民の間では、今でも常識の範疇にあります。日本でも百五十年ほどもさかのぼれば、その痕跡が見つかります。たとえば石見地方の日原。ある日、狼が庭にやってきて「魚の骨がのどにかかって痛いから掘り出してくれ」と言っているのです※1。
しかし、最近の調査や報告から知れるのは、動物のメッセージを受け取れる人間も、伝える動物たちも、もう本当にいなくなってしまうのだろうということ。
なぜなのでしょう。
私たちは、もう動物の声を聞くことはできなくなってしまったのでしょうか。
いや、そうではなく……。私たちが聞く耳を失ったばかりではなく、動物たちのほうが、言葉をしゃべることができなくなってしまっているのだとしたら……※2。
そんなお話を以下の本をとりあげながら展開します。

『動物に魂はあるのか―生命を見つめる哲学』金森修著(中公新書)
『感応の呪文―〈人間以上の世界〉における知覚と言語』デイヴィット・エイブラム著/結城正美訳(水声社)
『ソウル・ハンターズ―シベリア・ユカギールのアニミズムの人類学』 レーン・ウィラースレフ著/奥野克巳ほか訳(亜紀書房)
『精神の哲学・肉体の哲学―形而上学的思考から自然的思考へ』 木田元・計見一雄著(講談社)

※1)『石見日原村聞書』大庭良美・1974(未来社)による。動物が人と話すのは、童話のなかではあたりまえのように展開するが、実話となるとそう多くはない。 今回とりあげる動物と話をするアラスカのコユコン、極北タイガのユカギール、いずれも狩猟民であることは、何をものがたるのか。
※2)「もののけ姫」での乙事主を思い出してみよう。「わしの一族を見ろ!みんな小さくバカになりつつある。このままではわしらはただの肉として人間に狩られるようになるだろう」

◉主 催:奥出雲山村塾&カフェ・オリゼ&樟舎
◉日 時:10月5日(金)
 開 場…18:30~
 トーク…19:00~20:30
 (20:30~22:00 食事とカフェの時間)
◉場 所:カフェオリゼ(雲南市木次町里方331-1)
◉参加費:2,500円(スリランカカリー、ドリンクセット含)
◉定 員:12名
◉申 込:「動物と人のあいだ」参加希望として、下記のメールアドレスまでお名前とご連絡先をお知らせください。返信のメールをもって受付終了とさせていただきます。FAXでも受け付けています。
honto@ksnoki.org
FAX 0852-35-5139
イベント/講座 イベント
開催日 2018/10/05
募集期間 募集期間設定無し
URL http://ksnoki.org/2018/09/11/honto0013/
添付資料
フォト

  • 【閲覧予定者】雲南市ボランティアセンター
  • 【発信者】 奥出雲山村塾
  • 【種別】ボランティア団体
  • 【地区】 雲南市
  • 【分野】 文学・哲学・教育学・心理学・社会学・史学 文化・芸術の振興 環境・エコロジー 複合領域分野、その他
  • 【発信日】2018/09/11