イベント・活動情報


松徳学院、平田小学校で「エコチャレンジ講座」の報告

 さる6月28日に出雲市平田町の平田小学校と同月16日の松江市上乃木の松徳学院で開催された「環境創作劇の上演と参加型環境学習による”エコチャレンジ講座”」報告(様子)がエコクラブより届きました、内容は以下の通りです。
報告  くにびきエコクラブ(会員44名/くにびき同窓ネットワーク加入グループ)は、環境創作劇の上演と参加型環境学習による「エコチャレンジ講座」を、6月16日に松江市上乃木の松徳学院で、また同月28日に出雲市平田町の平田小学校で開催しました。松徳学院では中高生約120人、平田小学校では5年生54人と保護者約15人が参加しました。
 各地の学校に赴いて、若い世代に環境問題への正しい理解と積極的な関心を促すこの取り組みは、当クラブの中核活動としてクラブ発足以来10年間近く継続しているものです。
 両校で上演した創作劇「宍道湖の夜明け」(山口信夫 作・演出)は、宍道湖のしじみ漁師たちが地球温暖化の進行で将来しじみが採れなくなることを知り、結束して温暖化防止に立ち上がる物語です。劇を通し、地球規模の環境改善のために私たち一人一人が日々の生活のあり方を見直そうと訴えました。
 参加型学習では、共に「節電」をテーマに、児童生徒たちがLEDや蛍光灯など異なる電球の消費電力量を測定して二酸化炭素排出量を算定・比較する実験に参加し、環境により優しい器具の選択について学びました。
 平田小学校では「ごみ減らし」のテーマも加え、児童たちが適切なごみ分別に挑戦しました。
 今回学んだことを基に、児童生徒たちには温暖化防止のために自らが家庭の中で何ができるかを考え、具体的な項目を挙げて実践していくことを宿題としてもらいました。子どもたちの挑戦に期待しています。(記:藤井 礼子)

イベント/講座 講座
開催日 2018/06/28
募集期間 募集期間設定無し
URL
添付資料

島根日日新聞記事

フォト

  • 【閲覧予定者】松江市ボランティアセンター