ボランティア保険

ボランティア保険

ボランティア活動に参加する方、社会福祉事業を経営する方などが、安心して事業や活動が行えるよう、全国社会福祉協議会がとりまとめて団体加入する保険のご紹介です。
現在、「ボランティア活動保険」「ボランティア行事用保険」「福祉サービス総合補償」「送迎サービス補償」「社協の保険」「ふれあいサロン・社協行事傷害補償」「しせつの損害補償」「保育所のためのしせつの損害補償」の8つの保険があります。
各保険の詳細は全国社会福祉協議会「ふくしの保険」ホームページをご覧ください。
実際の加入にあたっては、お近くの市町村社会福祉協議会ボランティアセンターまたは島根県社会福祉協議会(地域福祉部・県ボランティア活動振興センター)にお問い合わせください。

種類概要加入できる方加入するには
ボランティア活動保険 ボランティア活動中の様々な事故によるケガや賠償責任などについて補償する保険です。

平成18年度より、町内会・自治会・PTAなどが行うボランティア活動も補償の対象となりました。
【加入できる方】
社会福祉協議会およびその構成員・会員ならびに社会福祉協議会が運営するボランティア・市民活動センターなどに登録されているボランティア・ボランティアグループ・団体

【対象となるボランティア活動】
日本国内における「自発的な意志により他人や社会に貢献する無償の活動」で、次の(1)(2)(3)のいずれかに該当する活動とします。

(1)グループの会則に則り企画、立案された活動 (グループが社会福祉協議会に登録されていることが必要です。 )
(2)社会福祉協議会に届け出た活動
(3)社会福祉協議会に委嘱された活動
[1]所定の「加入申込書」に必要事項を記入・捺印してください。

⇒加入書類は最寄りの市町村社会福祉協議会または本会にご請求ください。
※すでに作成済みの名簿がある場合は「加入申込書」に名簿コピーを添付して下さい。 (名簿の様式は問いませんが、個々の加入者の加入プランを必ず明記して下さい。 )

[2]所定の振替用紙を使用し、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。

[3]「加入申込書」と所定の振替用紙の「払込受付証明書」を、最寄りの市町村社会福祉協議会または本会の担当窓口に提出してください。

⇒事故が起きた場合の連絡先
ボランティア行事用保険 ボランティア行事中の様々な事故によるケガや賠償責任などについて補償する保険です。 【加入できる方】
社会福祉協議会の構成員・会員および社会福祉協議会が運営するボランティア・市民活動センターなどに登録されているボランティア・ボランティアグループ、団体や社会福祉協議会

【対象となる行事】
地域福祉活動の一環として日本国内で行うボランティアに関する行事
(例)ふれあい広場、研修会、展示会、ハイキング、ホームヘルパー養成講習会など

(注)
1. 行政が主催するボランティア行事は、社会福祉協議会が共催・後援するなどの関連がないと対象となりません。

2. 学校管理下(クラブ活動・課外授業など)にあるボランティア行事は対象となりません。

3. 不特定多数の行事参加者が見込まれるために参加者か否かを特定できない行事は加入できません。

4. 特に危険度の高い行事については、市町村社会福祉協議会または本会の担当窓口にお問い合わせください。
[1]所定の「加入依頼書」に必要事項を記入・捺印してください。

⇒加入書類は最寄りの市町村社会福祉協議会または本会にご請求ください。

[2]行事開催日の前日までに、所定の振替用紙を使用し、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。

[3]所定の振替用紙の「払込受付証明書」を「加入依頼書」の3枚目に貼って、最寄りの市町村社会福祉協議会または本会の担当窓口に提出してください。
※宿泊を伴う行事の場合は、「参加者名簿」も提出ください。

⇒事故が起きた場合の連絡先
福祉サービス総合補償 在宅福祉サービス・介護保険サービス・地域福祉サービスの活動中の様々な事故によるケガや賠償責任などについて補償する保険です。 【加入できる方】
社会福祉協議会およびその構成員・会員である団体ならびに社会福祉協議会が運営するボランティア・市民活動センターなどに登録されているボランティアグループ

【対象となる活動】
在宅福祉サービス(介護保険対象外サービスを含む)・地域福祉サービス、介護保険サービス、障害者福祉サービス・児童福祉サービス、障害者地域生活支援事業 等
[1]所定の「加入依頼書」「活動従事者名簿」に必要事項を記入、捺印してください。

⇒加入書類は最寄りの市町村社会福祉協議会または本会にご請求ください。
※すでに作成済みの名簿がある場合はコピーを添付することで「活動従事者名簿」に代えることができます(個々の氏名、住所、電話番号を明記してください)。

[2]所定の振替用紙を使用し、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。

[3]所定の振替用紙の「払込受付証明書」を「加入依頼書」の3枚目に貼付し、最寄りの社会福祉協議会の確認印を取り付け、「活動従事者名簿」を添えて専用封筒にて全国社会福祉協議会「ボランティア関係保険制度」係あてに送付してください。

⇒事故が起きた場合の連絡先
送迎サービス補償 送迎サービス中のケガについて補償する保険です。 【加入できる方】
社会福祉協議会およびその構成員・会員ならびに社会福祉協議会が運営するボランティア・市民活動センターなどに登録されているボランティア・ボランティアグループ・団体
[1]所定の「加入依頼書」に必要事項を記入、捺印してください。
⇒加入書類は最寄りの市町村社会福祉協議会または本会にご請求ください。

[2]所定の振替用紙を使用し、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。

[3]所定の振替用紙の「払込受付証明書」を「加入依頼書」の3枚目に貼付し、最寄りの社会福祉協議会の確認印を取り付け、専用封筒にて全国社会福祉協議会「ボランティア関係保険制度」係あてに送付してください。

⇒事故が起きた場合の連絡先
社協の保険 社会福祉協議会が業務を行う上で想定される様々な事故を補償する保険です。 【加入できる方】
社会福祉協議会専用
[1]加入依頼書に必要事項を記入、捺印の上、3月25日(※4月1日加入の場合)までに、専用封筒にて全国社会福祉協議会「社協の保険・ふれあいサロン」係あてに送付してください。

[2]専用の振替用紙を使用して、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。
※インターネットでの加入手続きもできます。

⇒事故が起きた場合の連絡先
ふれあいサロン・社協行事傷害補償 社協が行うふれあいサロン活動中や社協が主催する行事中に、その参加者の事故によるケガを補償する保険です。

平成20年度より、社協が主催するボランティア行事用保険のA-1区分の行事も加入対象となります。
【加入できる方】
社会福祉協議会専用
[1]加入依頼書に必要事項を記入、捺印の上、専用封筒にて全国社会福祉協議会「社協の保険・ふれあいサロン」係あてに送付してください。

[2]サロンまたは行事開催前日までに、専用の振替用紙を使用して、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。
※インターネットでの加入手続きもできます。
⇒事故が起きた場合の連絡先
しせつの損害補償 社会福祉施設の様々なリスクに対応する保険です。 【加入できる方】
社会福祉協議会(各種別協議会など)の会員である社会福祉法人等で運営する社会福祉施設(社会福祉関係法令に定められた社会福祉施設)。
[1]加入依頼書に必要事項を記入、捺印してください。

[2]加入者控(3枚目)を保管し、残り2枚(施設送迎車搭乗中の傷害事故補償に加入する施設は特定自動車報告票を含む)を、専用封筒にて全国社会福祉協議会「しせつの損害補償」係あてに送付して下さい。

[3]専用の振替用紙を使用して、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。
※インターネットでの加入手続きもできます。

⇒事故が起きた場合の連絡先
保育所のためのしせつの損害補償 保育所における様々な事故や賠償責任を補償する保険です。 【加入できる方】
社会福祉協議会(各種別協議会など)の会員である児童福祉法で認可されている保育所を運営している社会福祉法人。

認可外保育所はご加入いただけません。
[1]加入依頼書に必要事項を記入、捺印してください。

[2]加入者控(3枚目)を保管し、残り2枚(園児送迎車搭乗中の傷害事故補償に加入する施設は特定自動車報告票を含む)を、専用封筒にて全国社会福祉協議会「しせつの損害補償」係あてに送付して下さい。

[3]専用の振替用紙を使用して、掛金を全国社会福祉協議会の指定口座に振り込んでください。
※インターネットでの加入手続きもできます。

⇒事故が起きた場合の連絡先

事故が起きた場合の連絡先

ボランティア活動保険
ボランティア行事用保険
加入手続きを行った社会福祉協議会
しせつの損害賠償
保育所のためのしせつの損害補償
損保ジャパン松江支社
〒690-0007 松江市御手船場町549-1
TEL:0852-21-9700、9755(事故サービス 島根センター)
福祉サービス総合補償
送迎サービス補償
社協の保険
ふれあいサロン・社協行事傷害補償
日本興亜損保株式会社山陰支店・営業課
〒690-0065 松江市灘町1-7
TEL:0852-22-3773